ホーム > 地域福祉・ボランティア > みやぎボランティア総合センター > 助成金の情報 > 令和2年度 民間助成一覧 > (24)公益財団法人大阪コミュニティ財団 助成金のご案内

(24)公益財団法人大阪コミュニティ財団 助成金のご案内

  大阪コミュニティ財団は,一般市民や企業等の社会貢献への志に裏打ちされた財産の拠出により多数の基金の設立を図り,学術研究の振興,芸術文化の発展向上,環境の保護保全,国際交流の推進,青少年の健全育成,社会教育の充実,地域社会の活性化,社会福祉の増進など,公益に資する事業をおこなう団体等への助成または顕彰と,学生等への奨学金の支給をおこなっています。助成先は国内全域で,海外も可能です。

○助成対象団体・事業

 1年以上の活動実績を有する非営利団体(法人格の有無は問いません)が,2021年4月1日から2022年3月31日までの間に,実施を予定している公益に資する事業。

○助成額

(1)助成限度額

 助成割合に限度は設けませんが,自己資金をできるだけご用意ください。これまでに同様の申請事業で助成を受けておられる場合は,採択金額が申請金額より削減される場合もあります。なお,「助成する基金の種類・分野・助成金額」(6ページ以降に掲載)に示されている分野ごとに助成できる金額を上限とします。

(2)各基金からの助成額等

 当財団では,一つの申請事業に対して複数分野からの基金を充当することはありません。事業をいずれか一つの分野にあてはめ,当該分野にある基金から助成します。また,同じ分野の基金でも,助成できる事業内容が必ずしも同じではありませんし,対象地域が限定されているものがありますので,6ページ以降の各基金の「助成対象」「助成総額」「対象地域」をよくご覧の上,申請してください。

○助成金の使途

(1)助成の対象となる経費は,申請事業の実施に直接必要となる経費です。助成金は助成対象事業以外の目的には使用できません。

(2) 団体が存続する限り恒常的に必要とする費用(スタッフの人件費,団体事務所の家賃・光熱費等)や団体の構成員による会合の飲食費等は助成金の対象となりません。

○応募方法

(1)応募の締め切り :  2020年11月27日(金)(当日の消印有効)

(2)必要提出書類

   ①申請書:原本と原本のコピー3部を提出してください(計4部)。

   ②また,必要事項を記入した助成申請書のデータ(Excel文書)を別途,
    Eメール:info@osaka-community.or.jpにて事務局宛送信して下さい。
   ※助成申請書(Excel文書)は,こちらからダウンロードし, 必要事項を記入して下さい。 ダウンロードに関しては,9/25午後以降から可能となります。

   ③申請書に添付する書類(各1部で可)
   ・団体の定款,寄附行為,または規約等
   ・団体の役員名簿
   ・直近年度の事業報告書および決算報告書
   ・団体が実施した事業を紹介する写真,パンフ,新聞・雑誌の記事コピー等
    (同様の事業をこれまでに実施したことがある場合)
   ・助成金を充当したい経費の見積書あるいは価格表等。
    (事務局や選考委員がそれらの価格の妥当性を判断するために必要です。)

        ・人件費算出根拠(助成金を人件費に充当する場合。助成申請書の別紙人件費明細の様式で提出)

   ・なお,2020年度に助成を受けた団体が,2021年度も引き続き助成を申請する場合は,その申請の

   ・前に,必ず2020年度助成事業の実施報告書を提出してください。
    申請時点で2020年度助成事業がまだ完了していない場合は,現状までの活動状況をA4用紙1枚に

    箇条書きし,添付してください。

※詳細につきましては,大阪コミュニティ財団ホームページを御覧ください。

○問合せ先

(問合せ・送付先)

〒540-0029 大阪市中央区本町橋2番8号
 大阪商工会議所ビル5階

   公益財団法人大阪コミュニティ財団

TEL:06-6944-6260 FAX:06-6944-6261

Eメール:info@osaka-community.or.jp

ホームページ: http://www.osaka-community.or.jp/

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)