ホーム > 新着情報 > 山元町災害ボランティアセンターの設置について

新着情報

山元町災害ボランティアセンターの設置について

 令和3年2月13日(土)に発生した福島県沖を震源とする地震において,宮城県山元町内では屋根瓦が落ちるなど,生活に影響を及ぼす住家への被害が多数発生しました。

 そのため山元町社協では町とともに災害ボランティアセンターを設置し,被災された方々の支援を行います。

今回は下記に該当するボランティア団体の事前登録による活動に限定し,新型コロナウィルス感染症感染拡大防止の観点から、個人ボランティアの受付は行っておりません。

①過去の災害において屋根対応(ブルーシート張りなど)の活動実績があること。

②団体で活動に必要な資機材を調達出来ること。(ブルーシートや土嚢袋等)

③山元町に入る直前にPCR検査を受けそれを証明できること。

④過去2週間の行動歴(個人)を提示できること。

⑤山元町災害ボランティアセンターのルールに基づいて活動が行えること。

⑥ボランティア保険等に加入していること。

 

 ボランティアを希望する団体の方は, 事前登録が必要となりますので詳細については,山元町社会福祉協議会のホームページを御確認ください。

山元町社会福祉協議会のホームページ

社会福祉法人 宮城県社会福祉協議会
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉1-2-3
TEL 022-225-8476(代表)